忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 12:11 】 |
老後破産のリスクは長生きするほど高くなる
老後破産する高齢者が増えているそうです。世界的に見ても裕福であるこの日本において、定年退職後の老後生活が成り立たなくなり、老後破産している人が少なくないのです。

定年した時には会社から退職金がもらえて、国からは年金が支給されるので老後の生活は安泰だと考えている人には、理解ができないことと思います。

しかし現実問題として老後破産に陥る可能性は誰にでもあるという状況がいまの日本にあるのです。

老後破産」に関する特に重要な記事のまとめ

老後に必要な貯金は最低でも2000万円程度は必要だと言われています。しかし、多くの人の老後ためにと用意している貯金が1000万円以下になっているようです。

近年では医療の発達により、昔よりも長生きする人が増えています。長生きすればするほど、貯金が底をついて生活費が足りなくなるという老後破産のリスクが高まります。

老後破産している人が決して贅沢な生活をしているとか、収入も無いのに浪費しているという訳でなく、ごく普通の老後生活を送っている人にも老後破産の可能性があるのです。

老後破産の対策は、若いうちからしっかりとしておかなくてはなりません。頼りの年金についてはこれから老後を迎える若い世代の人たちにとって、あまり期待できる程の年金を受給できないでしょう。

以前は年金をもらって自適悠々の老後生活をしている高齢者は数多くいましたが、年金制度はすでに破たんしているという声があがるくらい、年金に対する期待度はほとんど地に落ちています。

長引く不景気の中で満足な額の退職金を期待することもままならない中で、頼りにしていた年金制度も先行き不透明であるのが現実です。

自分の老後生活について、早いうちから計画を立てて、具体的な対策を講じておくことをおすすめします。

老後に備えてマイホームを購入しておくという人も多いようですが、マイホームが賃貸と比べて総合費用が節約できるという話には確かな根拠がないので注意しておきましょう。

いずれにしても、退職金や年金受給額を調べた上で、自分の老後生活についてしっかりシミュレーションを行って、若いうちから対策を進めていくことが必要不可欠だと考えられます。
PR
【2017/07/12 22:58 】 | 老後破産
年金だけでは足りないので老後のために貯蓄が必要
定年退職した後では収入が無くなり、老後貯蓄をしようとしても不可能であり、時すでに遅しです。いまからでも遅くはありません、今すぐにでも老後貯蓄をし始めることをおすすめします。

老後の貯蓄方法」この方法なら誰でも今すぐ始められます。

信じられないかも知れませんが、年金制度があるこの日本において、老後貯蓄が底をついて老後破産している状態の人が、全国で600万人もいるという事実があるのです。

老後破産してしまった理由は人それぞれあるでしょうが、定年退職した後の老後生活について、現役世代の早い時期から、しっかり人生設計を行って、こつこつと老後貯蓄を準備をしておけば、きっと老後破産を事前に防げたに違いありません。

年金制度については、日本の国家予算の生活補償費にかかる費用が莫大な金額となり、国家予算を圧迫していることは誰もが知っていることだと思います。

いまの年金制度が置かれている状況を考えると、この先、年金支給額が大幅に増額されることは、ほぼあり得ない話です。

年金に頼ることが出来ない以上、自分の老後生活は自分で守るしか方法は無いのです。定年退職すれば毎月入っていた収入が途絶えます。

年金額だけでは毎月の生活もままならない状況が予想される以上、安心して老後生活を送るためには、自分自身で用意した老後貯蓄が必要不可欠なのです。

【2017/05/08 00:02 】 | 老後資産
老後のために備える必要のある老後貯蓄の金額とは
老後貯蓄は安心して老後生活を送るために必要不可欠なものです。

ここ数年で日本は世界的にもまれに見る少子高齢化が進んでおり、国の社会保障費に対する国家予算の負担も大変大きなものとなっており、これから高齢者になる若い世代の人たちは、自分たちが定年退職した後に貰える年金はどうなってしまうのかと、多くの人は千金制度に対して大きな不安を感じるようになっていきています。

戦後に開始された年金制度では、年々支給額が増加されてきたので、日本の高齢者の老後生活は、多くの人が自適悠々の老後を送ることができていたのは事実です。

しかし先に挙げた国家予算の年金制度をはじめとする社会保障費の負担割合が大幅に増加されるようになり、年金制度の見直しがされるようになってきました。

年金制度は物価や経済動向を反映するものとなり、支給される金額はここ数年は少なくなってきているのが現状であり、年金だけに頼っていたのでは、安心して老後の生活を送ることが出来なくなってきています。

さらに追い討ちをかけるように、バブル経済の崩壊以降、リーマンショックによる株価の大暴落など、長引く不景気により、頼みの退職金もおおくの会社で減少傾向にあります。

年金も退職金も減額される中で老後を迎えなければならない人たちは、本当に老後生活に対して夢も希望もなく、ただただ不安が募るばかりです。

減少する退職金では老後生活が不安で仕方がない。」という人は今後も増加していくことは容易に予想されます。

日本の平均寿命も男女ともに延びており、世界的にもトップクラスの超長寿国となっているのは、多くの人が知っていることですが、反面、長生きする事のリスクも増加しており、定年退職した後の生活が長引くことに対する老後生活資金確保についても不安が出てきます。

不景気の中で、退職金の支払いによって会社の収支が悪化するケースも多々見られるようになり、中には退職金制度自体を中止する会社も出てきており「退職金だけでは老後資金の足しにはならない。」という現実は多くの人にとって、自分にも可能性があることとして認識しなければならない状況になっています。

大体、老後貯蓄は、最低で3000万円が必要と言われていますが、それでは足りないと言う意見もあります。

しかし、子供の教育資金やマイホームの購入などの大きい支出もあるので、なかなか老後貯蓄する余裕はないのが現状ですが、今からでもコツコツ貯めておくことで、多少は、違ってくると思います。

また、老後に近づくにつれ、子供からも手が離れた所で、生活水準を下げることで、出費を少なくするなどの工夫をして生活をしていく必要も出てくると思います。
【2016/11/19 14:19 】 | 老後資産
老後生活の計画を立てる時の貯蓄額について
老後計画を立てる場合には、老後生活に必要な貯蓄額を計算しておくことが重要です。

老後計画を立てる場合の貯蓄必要額は、老後にどれだけ生きるかによって、随分と差が出てくるので、計算するのは、なかなか難しいものです。

人それぞれ人生の長さは異なるのはもちろんの事、自分のことであっても、寿命を予想することは出来ないので、老後資金の必要額を算出するのは、簡単なことではありません。

いま日本の平均寿命は年々上がっており、世界でもトップクラスの長寿国となっています。
男女ともに平均寿命は80歳を越えており、60歳で定年退職をした後の老後は、20年間にもなります。

老後生活に必要となる貯蓄額を算出する場合にはまず、この老後生活20年間をベースにして考える必要があります。

具体的な計算方法は、月々の「年金支給額」と生活費の支出額との差が、必要となる貯蓄額になります。

厚生労働省の国民の生活消費調査によると、高齢者夫婦2名の一般的な「年金支給額」と生活支出額との差は、約月6万円という結果となっています。

一昔前の定年退職した人たちは、十分な「年金支給額」があったので、自適悠々の老後生活を送ることが出来ていたのですが、今の「年金支給額」は決して満足のいく金額では無いのです。

年金だけでは、普通の生活を送るとしても、月々6万円のマイナスとなっているのが、今の高齢者の老後生活の現実なのです。

月6万円の不足額を補填するためには、1年で72万円必要となり、老後生活が20年間続くと仮定すると1,440万円になります。しかし、この金額は必要最低限の金額になるので、その間に住宅の改修費用や介護費用、病気の治療費などが必要になることも十分に予想されることです。

もしも配偶者が老人ホームに入居しなければならなくなると、自宅と老人ホームの2重生活になり、その分だけ余計に生活費が必要となってきます。

必要最低限の金額とあわせて、その他の諸費用も必要となることを考慮すると、1,440万円の2倍程度、すなわち3,000万円程度になると考えるのが妥当です。

老後資金計画を考えるうえで一番重要なことは、自身の「年金額支給額」を把握して、不足分を算出するが有用です。

さらに老後の必要な生活資金を算出できた後は、できるだけ早く、老後資金の貯蓄を開始することが重要になります。


【2016/10/06 20:27 】 | 年金生活
老退職金は貯金して老後の生活費の補填に
信じられないかも知れませんが、経済的に恵まれているこの日本において、老後貯金が無くなって、老後破産している人が少なくないというのです。

老後のためにと残しておいた老後貯金が底をついて、生活費が不足して、ついには老後破産に陥る高齢者が、経済的に恵まれているこの日本でも起きているのです。

日本では国が運営している年金制度というものがあることを、誰もが知っていると思いますが、その年金を受給している高齢者の中で、老後貯金が無くなって、年金支給だけでは生活できなくなり、老後破産をせざるを得ない状況に陥っている人が現実にいるのです。

年金制度に対する不信感も大きくなっているのも事実です。ここ数年続いている不景気の影響によって国の財源が乏しくなり、国債の乱発による国の借金は膨れる一方で、世界的にも類を見ない超高齢化社会がやってくることは誰もが認める中、どうやって年金制度を維持していくのでしょうか。

これからの日本の年金制度が、このままずっとあり続けることができるのかどうか、不安になるだけでなく、だんだんと不信感が大きくなるのは、私だけでは無いでしょう。

将来のことを真剣に考えている人は、若いうちから老後貯金をしています。年金受給だけに頼った老後生活は、決して安泰ではないことを予想して、老後貯金という今から出来ることをはじめているのです。

自分たちが定年退職をした後のことを、しっかり見据えて、老後のための準備を開始しています。年金制度が崩壊して、万が一年金そのものが無くなってしまうことも考えられます。

老後貯金は大変重要です。老後生活を送れるように、若いうちから準備をしておく必要があるのは、言うまでもありません。

長年と勤めた会社を定年退職したら、楽しみにされるのが退職金です。多くの家庭では退職金で家のローンを完済したり、リフォームをしたり、車を買い変えるなど計画はあるでしょう。

ところが年金に頼った老後の生活では、毎月5万円の赤字と統計がでています。毎月の赤字部分を補うために老後貯金を切り崩して使うのが現実の状況となっています。

年金支給額の引き下げや支給年齢の引き上げなどに加え、消費税の引き上げや介護保険、医療費の負担など、さらに老後の生活は困窮してくるでしょう。

退職金を一部うまく安全に運用して、投資信託など貯蓄額を増やす方法もいいでしょう。退職金が支給されたら老後の人生の年数を頭に入れ、計算して計画的に老後貯金を使いましょう。

いずれにしても、年金だけを頼りにした老後生活は、早晩破綻してしまう可能性が高いので、老後貯金をはじめとした老後生活のリスク管理を進めておくことがたいへん重要です。
【2016/08/24 00:00 】 | 老後資産
高齢者における収入と貯金のバランス
高齢者の生活が貧困化しているという現実がこの日本で起きているという事をご存知でしょうか。

老後の生活を送っている高齢者の中で、生活するだけのお金が無くて、老後破産の状態に陥っている人が、増えているそうです。

老後破産とは、定年退職した後に年金による老後生活を送っていた人が、年金収入だけでは生活できずに、貯金を取り崩しながら生活をしていたが、貯金もすべて使い果たし、ついには生活するだけのお金も無くなってしまうことです。

年金だけでは老後生活を遅れないので、老後資産を蓄えておく必要があるのです。

まだまだ現役で、会社勤めをしていて、毎月お給料をもらっている人には、とうてい想像できない事かも知れません。

高齢者について注目されている話題があります。定年退職して収入が無くなって、高齢者となった場合に、生活していけるだけの最低限の収入や貯金をしっかりと確保しているかどうかということです。

若い世代の夫婦は、子育てすることだけでかなりの費用がかかっているものです。老後のために貯金をして、老後資産を残すなんて、そんな余裕は無いという人も少なくないでしょう。

もちろん、賢明な方であれば、家計をやりくりして節約し、少ない収入の中から毎月こつこつと老後のために少しでも貯金ができるように努力している人もいることでしょう。

いまの日本の高齢者の生活を見てみると、年金支給額は年々減額しれているにも関らず、生活レベルを落とすことができずに、貯金を取り崩しながら生活をしているそうです。

会社を退職した高齢者の収入の大半は年金ですが、普段の生活費として十分な額の年金支給がされていないという事なのです。

いまの日本では、年金支給だけに頼った老後生活をするには、大変おおきなリスクがあるので、自分の将来のために少しでも、老後資産を蓄えておくことが必要になります。

高齢者となってからの高収入は期待できないため、若いうちから貯金できるような計画性をもったお金の使い方をされることをおすすめします。

また、年金受給までに時間もあり、働く余裕のある人は、将来どうなるか分からない年金をあてにするのでは無く、年金収入以外に何かしらの収入を得るための対策を講じておくことも、安心した老後生活を送るためにも必要なことのひとつです。
【2016/06/27 21:12 】 | 老後資産
下流老人となり老後破産しないためには老後貯蓄の準備が必要
年金を受給している人でさえ老後破産してしまう可能性があるそうです。

老後に貧乏下流老人になることを避けたいとは誰もが考えることでしょう。

老後破産しないためには、若いうちから貯蓄をしておく必要がありますが、若いうちは自動車の購入やマイホーム購入の頭金の用意、仲間内との集まりなどの交際費にもお金が必要です。

もちろん子供の教育などにもお金がかかり、なかなか節約が難しいところがあります。

そこで、若いうちから少額で良いから、投資信託に積み立てをし、長期間の保有をしておくことで、老後に十分な備えをすることができます。

老後破産を未然に防ぐためには、老後の貯蓄をしておく必要があります。

近年、マイナス金利が発表され、銀行に預けたとしてもまともに増えることはありません。 それよりも多少の変動はあるものの、投資信託で積み立てをした方が、数年後には大きな収益につながります。

また、投資信託の他にも、高金利通貨で少額ずつ積み立てていくという方法もあり、老後に備えるためにいくつかの選択肢が用意されています。

老後のために準備をするには、早ければ早いほど無理なく進められるので、まずは第一歩をスタートしてみてはいかがでしょうか。
【2016/06/12 22:00 】 | 老後破産
老後資産を構築する方法
少ない年金だけを頼りにしていては早晩老後破綻してしまう可能性があります。

老後破産を回避するためには年金収入以外にも継続的な収入を得ることが大切です。

老後の生活をゆたかなものにするには早めの準備をしておくことをおすすめします。

老後資産を構築する方法
【2016/05/08 23:57 】 | 老後資産
..【楽天1位】【送料無料】天然素材ウー
..【楽天1位】【送料無料】天然素材ウールカーペット 6畳 エコ防ダニカーペット ラグ ウール100% 抗菌 261×352 (江戸間6帖絨毯)大判長方形 ホットカーペット対応・日本製・防炎 オシャレインテリア 北欧 春夏秋冬用 wo-6【あす楽】【楽天大感謝祭】
▼他サイズはこちら3畳 4.5畳 6畳 8畳 10畳江戸間サイズ6帖 261cm×352cm 天然素材ウール100%・防炎・防ダニ・抗菌・不織布貼り・ホットカーペットOK パイル長5mm ハサミやカッターで簡単にカットできます。ベージュ、グレー、ブラウン、ダークブラウンをお選びいただけます※発送時の形状は丸まきです。 商品到着後、レビューを書いていただいた場合、送料は、北海道・本州・四国・九州は無料 です。代引きは送料+420円必要です。※沖縄・離島への送料・中継料金は事前にお問合せ下さい。※こちらは「あす楽」関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、平日12:00までOK(土日祝不可)夏涼しくて冬暖かい♪天然素材エコカーペット安心の日本製!防ダニ・抗菌・防炎・オールシーズンOK夏涼しく冬暖かい!天然素材ウール100%エコカーペット 絨毯 防ダニ・抗菌・ホットカーペット対応カーペット フリーカットじゅうたん超ロングセラーの大人気商品♪ベストヒットランキング第1位の天然素材ウール100%カーペット プレミアムファブリック冬暖かく夏涼しい♪ウール100%エコカーペット!春夏秋冬、季節問わずお使いいただけます。防ダニ・抗菌・ホットカーペット対応・防炎・フリーカットOKの、高品質で安心の日本製カーペットです。北欧風のインテリアや、モダンな和空間、アジアンテイストのお部屋など、どんな空間にも調和します。◆ウールカーペットのいいところ◆1.ウールカーペットのような自然素材は、人に安らぎを与えます。ウールは繊維中最大の水分率をもち、湿気の処理がうまいことから、暑いときにもヒトの体温を一定に保ちやすくします。また、空気を大量に含んで保温するので、寒いときにも体温を一定に保ちやすくします。だから、夏涼しく冬暖かい、オールシーズン、季節問わずお使いいただける商品なのです。2.ふんわり柔らかくて優しいクッション性がいいのもウールカーペットの魅力のひとつです。繊維の一本一本がクリンプというコイルスプリング状になっているので、ふんわりとした柔らかい感触を得られます。子供達が遊んでいて、ふざけて転んでもショックを柔らかく受けとめますので、おじいちゃんやおばあちゃんなどお年寄りのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。3.雨の日も爽快。吸湿力抜群!梅雨の季節にもオススメ高温多湿の日本。梅雨時や秋の長雨などは、憂鬱(ゆううつ)な気分になってしまいます。でもウールカーペットなら、湿度を吸収し、なんと四畳半の大きさのウールカーペットの場合、コップ8杯分の湿気を繊維内部に吸い取ることができます。しかも湿気を吸っても表面はいつもさらさらとしています。4.ウールは室内の空気を浄化ウールが取り込むのは湿気だけではありません。様々な有害物質を繊維内部に取り込み、安全な他の物質に変換します。ウールのようなたんぱく質には、様々な物質を取り込むことができるのです。新築宅や改装後のホルマリン等の有害物質も、ウールカーペットできれいになり、臭いも気にならなくなります。(人によって感じ方に違いはありますが・・・。)石油を燃やすとかなりの量のホルムアルデヒドが放出されます。5.ホコリが舞い上がりにくいから赤ちゃんや小さなお子様にも安心ウールの複雑な構造が埃を抱え込み、埃が舞い上がるのを防止するので、お部屋の空気はいつも綺麗だし、高いところにもほこりが溜まりにくいのでお掃除も楽々。ウールカーペットは静電気が起りにくいので、軽く掃除機でお手入れするだけでお部屋の空気もカーペットもいつもきれい。アレルギー体質の方の場合、ホコリやダニが呼吸器に入り、喘息発作を引き起こしてしまいます。6.汚れにくいからお掃除が簡単ウールは、他の繊維に比べて、3~5倍も汚れにくいといわれています。お茶やジュースなどをこぼしたときでもすぐに拭き取ればシミにもなりにくいのです。またウールは繊維の中に湿気をほどよく含んでいるため、静電気がおこりにくく、チリやホコリもつきにくい、といえます。つまり毎日のお掃除も手軽で簡単!クリーニングの回数も少なくてすみます。ワンパクざかりのお子さんをお持ちのご家庭や合理的なお掃除をお望みの奥様におすすめです!湿気を繊維の内部に取り込みますが、表面は撥水性。だから水を弾くのです。もちろん水溶性の汚れもはじきますから、汚れにくいのです。7.タバコの火でも燃えないから安心火事の原因といえば、やはり煙草の不始末。ウールカーペットなら、万一たばこを落としても、パイルの先端を焦がすだけで、燃え広がりません。というのも、ウールの構成分子には燃えにくい窒素が沢山含まれ、さらに繊維が水分を沢山含んでいるために、発火点も高いのです。火をつければ燃えますが、パイルの先端が炭化するだけです。焦げ跡部分はブラシでこすってオキシドールを含ませたガーゼでふけば元通りの美しさです。8.音を吸収。快適音響ウールカーペットには騒音や雑音を吸収する防音効果の特性があります。足音や、話し声、物を落としたときの衝撃音なども軽減してくれます。コンサートホールや、レコーディングスタジオなどでウールカーペットが利用されているのはこんな力を生かしているからなのです。また、デパートや、一流ホテルのロビーやレストラン、客室でもやはりウールカーペットが使われています。こういった落ち着く場所にウールカーペットが使われている理由は、見た目の高級感もさることながら、余分な雑音を吸収し、静かな環境を作り出すウールカーペットの特徴が最適だから。落ち着いたリビングやダイニング、寝室、書斎、ゲストルームなどをお望みでしたら、やはりウールカーペットがおすすめです。マンションやアパートにお住まいの方にも人気の素材です!9.丈夫で長持ち。だから経済的ウール素材はペチャンコになったり、ヘタったり、毛並みが寝てしまうこともありません。家具のしたでつぶれたように見えても、ウールカーペットなら蒸気をあてれば元にもどります。≪カラー紹介≫ダークブラウン:暗くなりずぎず、上品で落ち着いたカラー。明るめのダークブラウンです。温かみもあり、汚れも目立ちにくいので、小さなお子様のいるご家庭などにおすすめ!プライベートルームや書斎などにもぴったりの落ち着いたダークブラウンです♪ブラウン:カフェオレみたいな、やわらかくてやさしい色味。ライトブラウンに近い色合いです。高級感のある印象で重たくならないモダンカラーです。和室にもおすすめ!!ベージュ:少しコーラルブラウンが入ったライトベージュ。ほんのりピンクがかった色合いです。お部屋が明るくすっきりとした印象に♪季節問わずお使いいただける、人気のカラーです♪グレー:少し淡いベージュに似たウォームグレー。黄色味がなく、明るく素敵なカラーです♪明るく落ち着いた色合いで、書斎などにもおすすめ!やさしい色合いでお部屋がすっきり広くみえますので、一人暮らしのお部屋にもぴったり♪スタッフコメント:レビューでも大好評の、天然ウール100%カーペット!和室の模様替えにもオススメです!ふすまや障子にもぴったり合うナチュラルカラーです!夏涼しく冬暖かい、オールシーズン快適にお使いいただけます♪素材:ウール100%パイル長:5mm(ループパイル)製造:日本性能:ウールホルム・防炎・防ダニ加工・抗菌加工・床にやさしい不織布貼り・ホットカーペット対応・カットできる・ロールタイプ(シワが残らない丸まきでお届け)カラー:ベージュ・グレー・ブラウン・ダークブラウンサイズ:江戸間6畳(261x352cm)※カーペット・ラグは織物である為、多少の誤差や伸縮が発生する場合がございますので予めご了承下さい。]03055] 大人気お掃除ラクラクウールカーペットでオシャレインテリアを演出! ウールを初めて購入するという方にもオススメなカーペットです。激安価格でご提供!父の日や母の日、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、敬老の日、新築祝いなどのお祝い、贈り物にも最適な商品!おしゃれインテリアを実現します。 インテリアグリーン インテリアショップ セール sale SALE 楽天スーパーセール 半額セール 楽天市場 ショッピング インテリア ゲストルーム用子供部屋用 北欧 ラグマット 防ダニ 抗菌 新居祝い 女性 祖母 男性 プレゼント 誕生日 ホワイトデー バレンタインデー クリスマス 母の日 父の日 新生活セール 新生活応援 冬物 冬用 春物 秋冬 NEW 新作 新商品 あったか お祝い返し お祝い 結婚 掃除機でお手入れラクラク ひとり暮らし 一人暮らし  防音対策 ウールマーク
⇒楽天でさらに詳しく

【2014/12/12 22:47 】 | 未選択
ラグ 厚手 洗える 正方形 185X18
ラグ 厚手 洗える 正方形 185X185 ラグマット 北欧 シャギー カーペット 2畳 マイクロファイバー ホットカーペット対応 無地 ウォッシャブル 絨毯 じゅうたん 床暖房対応 寝室 フロリング スマホ 02P13Dec14 05P13Dec14 10P13Dec14
商品名: マイクロファイバー ラグマット/絨毯素材・成分 表面:ポリエステル100%中身:スポンジ裏面:ポリエステル不織布 サイズ: 185×185cmカラー:アイボリー、ベージュ、ブラウン重量 :約3.5kg 商品説明:マイクロファイバーは『速乾性』『吸水性』に優れ、通気性も良いことから夏でもさらさら感を失いません。使用する方法:濯機での丸洗いは、クリーニングネットを使用し、弱水流にしてください。
⇒楽天でさらに詳しく

【2014/12/12 22:47 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]