忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 12:09 】 |
老退職金は貯金して老後の生活費の補填に
信じられないかも知れませんが、経済的に恵まれているこの日本において、老後貯金が無くなって、老後破産している人が少なくないというのです。

老後のためにと残しておいた老後貯金が底をついて、生活費が不足して、ついには老後破産に陥る高齢者が、経済的に恵まれているこの日本でも起きているのです。

日本では国が運営している年金制度というものがあることを、誰もが知っていると思いますが、その年金を受給している高齢者の中で、老後貯金が無くなって、年金支給だけでは生活できなくなり、老後破産をせざるを得ない状況に陥っている人が現実にいるのです。

年金制度に対する不信感も大きくなっているのも事実です。ここ数年続いている不景気の影響によって国の財源が乏しくなり、国債の乱発による国の借金は膨れる一方で、世界的にも類を見ない超高齢化社会がやってくることは誰もが認める中、どうやって年金制度を維持していくのでしょうか。

これからの日本の年金制度が、このままずっとあり続けることができるのかどうか、不安になるだけでなく、だんだんと不信感が大きくなるのは、私だけでは無いでしょう。

将来のことを真剣に考えている人は、若いうちから老後貯金をしています。年金受給だけに頼った老後生活は、決して安泰ではないことを予想して、老後貯金という今から出来ることをはじめているのです。

自分たちが定年退職をした後のことを、しっかり見据えて、老後のための準備を開始しています。年金制度が崩壊して、万が一年金そのものが無くなってしまうことも考えられます。

老後貯金は大変重要です。老後生活を送れるように、若いうちから準備をしておく必要があるのは、言うまでもありません。

長年と勤めた会社を定年退職したら、楽しみにされるのが退職金です。多くの家庭では退職金で家のローンを完済したり、リフォームをしたり、車を買い変えるなど計画はあるでしょう。

ところが年金に頼った老後の生活では、毎月5万円の赤字と統計がでています。毎月の赤字部分を補うために老後貯金を切り崩して使うのが現実の状況となっています。

年金支給額の引き下げや支給年齢の引き上げなどに加え、消費税の引き上げや介護保険、医療費の負担など、さらに老後の生活は困窮してくるでしょう。

退職金を一部うまく安全に運用して、投資信託など貯蓄額を増やす方法もいいでしょう。退職金が支給されたら老後の人生の年数を頭に入れ、計算して計画的に老後貯金を使いましょう。

いずれにしても、年金だけを頼りにした老後生活は、早晩破綻してしまう可能性が高いので、老後貯金をはじめとした老後生活のリスク管理を進めておくことがたいへん重要です。
PR
【2016/08/24 00:00 】 | 老後資産
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]